fc2ブログ
櫻井よしこ女史

★ わが国を代表する保守派の論客で、私もシンパシーを感じている櫻井よしこ女史が、めずらしくビジネス雑誌に投稿しておられた。

★ 投稿テーマは「いまこそ『公』の心を取り戻しましょう!」であったが、最終章の「中小企業の経営者こそ日本人そのもの」で、女史の「中小企業経営者」観が述べられていたので、少し長くなるが、わが意を得たり!の内容だったので次に引用しておきたいと思います。


★「私は、日本という国は幾種類かのグループに属する人々によって支えられていると思っています。そのうちの一つが中小企業者の皆さんです。もう一つ挙げるなら、自衛隊の皆さんですね。・・・中略・・・中小企業者の皆さんを、私は心底尊敬しています。金融機関に対して個人保証をしなくてはならず、一つ間違えると全財産を失うわけで、自己責任で経営をしておられます。景気がよくてもそれほど恩恵を受けるわけでもなく、悪化すれば真っ先にしわ寄せがくる。強い信念がなければ続けられない仕事です。とくに何十年も事業を続けてこられた方は本当に素晴らしい。まさに自立した、正しい「よき日本人」そのものだと思います。・・・中略・・・ 経営者の皆さんには、ご自身の『正しさ』に自信をもっていただきたい。『中小企業のオヤジ』であることに改めて誇りをもっていただいて、ご家族だけでなく、社員やそのご家族、次代を担う若い人たちに、ご自身の価値観を教え、伝えていかれることをお願いしたいと思います。・・・後略

  【出典】日本実業出版社「ニュートップL.」2010.February.No.4 p14 


 
スポンサーサイト