fc2ブログ
「せんば村」No.161

 ★ 今日、事務所のポストに投函されてました。

 ★ 「せんば村」2010年5月10日号 通算161号 開村15周年とある。

 ★ そう言えば、10年以上前になるけれど、その発想が面白くて、
  1~2度お邪魔したことがありました。

 ★ 南船場界隈で活動されている方を対象にして、パーティーを
  したり、人脈ネットづくりのような活動をされている任意団体です。

御堂筋アンケート

★ 事務所に上記のようなアンケート依頼のチラシが入っていました。

★ 依頼主は、御堂筋空間利用検討会で、事務局は「国土交通省
大阪事務所・大阪市」の連名になっていました。

★ アンケート調査の趣旨については、「御堂筋の現況の課題」と
「緩速車線を閉じた場合の影響」についての幅広い意見を聴取し、
御堂筋の空間のあり方を検討するための基礎資料にしたいとの
ことでした。

★ 自動車交通量は減少傾向にあるのに対して、歩行者・自転車
交通量は増加傾向にあるのにも関わらず、車道空間の5割であり、
歩行空間は2割とのデータがあり、大阪のシンボル・ロードとしての
改善を模索するものと考えられます。

★ ぽかぽか陽気に恵まれた土曜の昼下がり、「大阪あそ歩」の企画に、初参加してきました。

★ 今日の様子は、私のフォト・ブログにアップしておきましたので、ご笑覧ください。

★ 地元大阪のことなのに、歴史・地理・建造物・文芸と・・・、どれを取っても知らないことばかりで、丸でどこかへ旅行してきたみたいな満足感を抱いて帰ってきました。

★ いずれ、この倶楽部の活動の一環として活用させていただきたい企画でした。以上、ご報告まで!
H22.3.31


★ 「船場」の活性化に強い関心を寄せる者としては、少々ショッキングな記事でした。

★ 確かに、商業施設の「箱物」だけを比べると上記のとおりかもしれませんが、「働く者にとって魅力的な街でなくてはならない!」という視点を忘れずに“まちづくり”をしたいものです。 

★ 私たち「南船場グローカル倶楽部」では、「人脈づくり」そして「自社の発展」を図りながら、地域発展に向けてのお手伝いも視野に入れながら活動していきます。
テーマ:ドロップシッピング
ジャンル:ビジネス
★ 前回、大阪の中心・船場を“GENKI”にしよう! をスローガンにした「船場げんきの会」のフォーラムに列席した際の報告をしましたが、終了後の懇親会で、コーディネーターをされていた大阪府立大学の橋爪先生や、大阪市立大学の嘉名先生とお話する機会がありました。

★ お二人とも大学の研究室に籠もることなく、積極的に“まち”へ出て、産・官・学の連携を進めながら、「船場」という貴重な商業・文化の集積地を活性化しようとリードされている事を知りました。私にとっては心の琴線にふれる交流でした。 

★ また、「船場げんきの会」の会長でもあり、地元では有名な大西衣料の大西 隆会長とも名刺交換とお話をすることが出来ました。さすがに数百億円のグループ売上の総帥だけに迫力がありましたが、本会の名称(グローカル)を見て「最近、よう話題になってるキーワードですなぁ!」とお褒め(?!)の言葉を戴きました。

★ 「船場」の魅力を知ってエリアを訪れてもらうことは大切! しかし、日々「船場」で働く皆さんに愉しんでもらえる「まちづくり」はもっと大事! という方向性も打ち出されました。私の頭の中では、「船場」を「南船場4丁目」に置き換えて拝聴していました。

★ 「船場げんきの会」は、船場地区で活動している22団体で構成されているようですが、南船場エリアの企業家グループはありませんでした。大西会長、橋爪先生、そして千葉実行委員長にも、「いずれ当会が加入した際には宜しくお願いします。」と、「先日付小切手」を振り出しておきました。