fc2ブログ
21世紀型グローバル恐慌

★ 大阪検定の模範解答が掲載されるからと昨日駅売店で買った「大阪日々新聞(朝刊)」に、6/30の浜 矩子先生の講演骨子が掲載されていました。

★ 何とも不思議なご縁を感じました。知らずに買ったので、得をした気分でした(笑)。

★ その講演の内容については、私のフォトブログでも紹介したところだが、ここに改めて新聞記事を貼り付けておきたいと思います。
櫻井よしこ女史

★ わが国を代表する保守派の論客で、私もシンパシーを感じている櫻井よしこ女史が、めずらしくビジネス雑誌に投稿しておられた。

★ 投稿テーマは「いまこそ『公』の心を取り戻しましょう!」であったが、最終章の「中小企業の経営者こそ日本人そのもの」で、女史の「中小企業経営者」観が述べられていたので、少し長くなるが、わが意を得たり!の内容だったので次に引用しておきたいと思います。


★「私は、日本という国は幾種類かのグループに属する人々によって支えられていると思っています。そのうちの一つが中小企業者の皆さんです。もう一つ挙げるなら、自衛隊の皆さんですね。・・・中略・・・中小企業者の皆さんを、私は心底尊敬しています。金融機関に対して個人保証をしなくてはならず、一つ間違えると全財産を失うわけで、自己責任で経営をしておられます。景気がよくてもそれほど恩恵を受けるわけでもなく、悪化すれば真っ先にしわ寄せがくる。強い信念がなければ続けられない仕事です。とくに何十年も事業を続けてこられた方は本当に素晴らしい。まさに自立した、正しい「よき日本人」そのものだと思います。・・・中略・・・ 経営者の皆さんには、ご自身の『正しさ』に自信をもっていただきたい。『中小企業のオヤジ』であることに改めて誇りをもっていただいて、ご家族だけでなく、社員やそのご家族、次代を担う若い人たちに、ご自身の価値観を教え、伝えていかれることをお願いしたいと思います。・・・後略

  【出典】日本実業出版社「ニュートップL.」2010.February.No.4 p14 


 
異業種交流会のメリット

★「南船場グローカル倶楽部」は、南船場4丁目を本拠地としておられる企業家を対象に「人脈づくり」「自己啓発」そして「大阪の活性化」を推進するために、定例会を開催してネットワークを拡げようという趣旨で開設しました。

★ 私はあえて使用しませんでしたが、世間では「異業種交流会」と呼ばれています。当事務所で毎月発行している関与先向けの「ニュースレター」でも取り上げましたので、画像として添付しておきます。
★ 四ツ橋駅のホワイトドームプラザB1に「四ツ橋バールAny」ってお店があって、地下鉄直結で毎日前を通るのですが、店頭の黒板にほぼ日替わりで「俳句」 (と書いてあるが私にはどう見ても「川柳」と映る) が紹介されています。

★ 字余り・字足らず・・・、どう贔屓目に見ても上手とはいえないが、何故か不思議と気が和むのである。著作権が心配だが、携帯電話から直接ブログに投稿して、「読者」の皆さんにも「和み」のお裾分けをさせていただきたいと思います。


朝青龍 仰天転身!! 庭師の弟子に」  だそうです。
 今日は本当に寒い日になりました。いったん暖かくなってからの寒さはいっそう堪えます。でも最近では、ひょっとして神様から「油断してないか!」「気を抜いてないか!!」との“啓示”を受けたのでは? とも思えるようになりました。

 そんな寒波襲来の中、かねてより懸案だった「地域活性」と「自己啓発」のための勉強会を立ち上げるための第歩として、ネット上の拠り所を設置しました。

 着実に内容を固めていきたいと思います。見守っていてください。そして南船場地区内の企業家の皆さん、ご参加ください